So-net無料ブログ作成

膝の内側の痛みが起こる原因を徹底解明!内側の痛みはO脚が原因?! [膝痛]

スポンサードリンク




膝の内側に痛みを感じる人が
年々増えてきているようです。

とくに筋肉の量が少ない女性の方は
男性に比べて膝が痛くなる傾向が
強いことが分かっています。

ということで、今回は膝の内側が痛くなる原因を解明し
膝の内側の痛みを解消する膝痛解消
エクササイズをご紹介します。

◆膝の内側が痛む理由を徹底解明◆


膝の内側が痛くなるのには
ちゃんとした原因があります。

実は膝が痛くなる理由は
大きく分けると2つあります。

生活習慣による痛み
遺伝的な原因による痛みです。



1.生活習慣による痛み

生活習慣による膝の痛みは姿勢や
歩き方などが原因になって
起きる膝の痛みです。

食事のバランスが崩れていたり
日頃から運動ができていなかったり
充分な睡眠が取れていなかったりする人は
膝を痛める原因を作っていることになります。



2.遺伝的に原因による痛み

遺伝的な原因による膝の痛みは
膝痛に関連する遺伝子がもともと弱くなっていて
ちょっとした出来事がきっかけで膝痛が起きる場合です。

日本人や中国人は遺伝的に膝痛になりやすく
ヨーロッパの人と比べると膝痛で
苦しんでいる人が多く居ます。


特に日本人はO脚になる人が多いですが
O脚も遺伝子に関連していることが
最近の研究で分かっています。

生活習慣が悪い人は
遺伝子も傷つきやすくなるので
両方の原因が複合的に合わさって
膝痛が起きていると言ってもいいでしょう。

膝の内側が痛くなる人は
1.筋肉の量が少ない
2.筋肉のバランスがわるい
3.膝の動かし方に問題がある
大きく分けると3つの原因があります。


◆膝の内側が痛くなる原因その1.筋肉量が少ない◆

膝の内側に痛みが出る人は内側広筋という
大腿四頭筋の内側にある筋肉が弱っています。

普段から、かかとが高いヒールなどを履いている人は
大腿直筋という太ももの真ん中の
筋肉だけが使われてしまいます。

そうなると筋肉のバランスが崩れやすく
膝の内側にストレスがかかります。

◆膝の内側の痛みを解消する効果的な運動◆

1.長座になって膝を伸ばします
2.痛いほうの膝の真後ろにバスタオルを敷きます
3.膝を伸ばしながらタオルを押しつぶします

バスタオルは何枚か重ねて分厚くすれば
内側広筋を更に鍛えることができます。

まずは薄めのタオルでタオルを押しつぶして
慣れてきたら徐々に厚みをつけていきましょう。

タオルだけでなく枕や柔らかめの
ボールでも代用が可能です。

膝の内側の部分に手を当てながら
膝を伸ばしてタオルを押しつぶすことで
内側広筋に意識的に働きかけることができます。


◆膝の内側が痛くなる原因その2.筋肉のバランスがわるい◆

膝の内側が痛くなる人は筋肉の
バランスがわるい人が多いです。

筋肉のバランスがわるくなると
膝の関節に歪みがでてきます。

膝の内側が痛くなる人は太ももの前側の
大腿四頭筋に比べて、太ももの後ろ側にある
ハムストリングという筋肉が少ない傾向があります。

ハムストリングが弱くなってしまうと
膝が反ってしまいます。

膝が必要以上に反り返ると膝から
下が外に捻じれてしまうので、
膝の内側に痛みがでてきます。

◆膝の内側の痛みを解消するモモ裏運動◆

1.仰向けになって寝転がります
2.両方の膝を直角に曲げます
3.お尻を引き上げます

両足は肩幅程度に広げて行いましょう。

膝の内側の裏側に痛みが感じられる場合は
モモの裏の内側にある半膜様筋や
半膜様筋を鍛えます。

半腱様筋や半膜様筋を鍛えたいときは
両足の幅を狭くしてお尻を
引き上げてください。

膝が内側に入ったり
外側に開いたりしないように
膝とつま先の方向を揃えましょう。


◆膝の内側が痛くなる原因その3.膝の動かし方がわるい◆

膝の内側に痛みが出る人は
膝が外側に開いていることが多いです。

膝が外側に開いてしまうと
O脚のような状態になります。

O脚気味になると膝の内側の
関節のスキマがなくなります。

膝の内側のスキマがなくなると
内側の軟骨がぶつかってしまい
膝の内側に痛みがでてきます。

◆O脚を解消する股関節ストレッチ◆

O脚になる人は股関節が硬くなっています。

股関節を柔らかくするためには
女の子座りのように股関節を
内旋させる動きが必要です。

1.長座になって手をつきます
2.痛いほうの脚を直角に曲げます
3.もう片方の脚で曲げた膝の外側を押さえます






スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。