So-net無料ブログ作成
検索選択

膝の痛みで整形外科を受診するときの3つのポイント [膝痛]


膝の痛みがなかなか良くならないと不安になってきますよね。


そのまま膝の痛みを我慢して放置しておくと膝の症状が悪化して更に痛みが長引いてしまうことにもなりかねません。


特に膝が腫れていたり、熱を持っていたり、膝に水が溜まっているときは早急に整形外科を受診する必要があります。


ということで、今回は整形外科を受診するときの3つのポイントについてご紹介します。

男性イラスト.jpg

1.整形外科専門医のいる整形外科を受診すると安心



日本には整形外科医の数が全体医師数のなかの8%近くを占めています。


そしてそのうち日本整形外科学会に所属している整形外科専門医の数は17280名ほどいます。


整形外科専門医は大学医学部で医学全般の教育を6年間受けて卒業しているため、医療に関しての知識を豊富にもっています。


また医師になった後は日本整形外科学会に入会して6年間の研修を受けていますし、専門医試験に合格しないと整形外科専門医にはなれません。


そういった理由もあるので整形外科選びに迷った場合は整形外科専門医のいる整形外科を選択するといいでしょう。



2.最初から大学病院などの大きな病院に行くことは避ける



膝が痛くなったときは最初から大学病院などの大きな病院を受診したほうが良いと思うことがあるかもしれません。


ですが、大学病院などでは紹介状がないと満足のいく診断や治療が受けれない可能性があります。


とくに人気の高い整形外科医は予約でいっぱいになっていて、かかりつけ医からの紹介状がないと診てもらえない場合があるので注意が必要です。


紹介状がないと待ち時間が物凄くかかって精神的な負担にもつながるので紹介状はあるに越したことはないですね。


まずは、近所の整形外科を受診してから必要な場合に大きな病院の紹介状を書いてもらうようにしましょう。



3.自宅から無理なく通える整形外科を選ぼう



家からあまりにも遠い距離の整形外科を受診してしまうと病院に定期的に通院できなくなってしまいます。


どれだけ有名な良い病院でも通院できなければ意味がありません。


リハビリなどで通院が必要になったときのことも考えてなるだけ自宅から近い整形外科を選択するようにしましょう。


私も過去に自宅から離れた大きな病院で膝の手術をして、そのあとリハビリに通うために車で1時間かけて通院した経験があります。


私はサッカー復帰のために専門的なリハビリを受ける必要があったので長い時間をかけて通院していました。


ですが、よっぽどの理由がない限りは病院は近場を選んだほうがいいと思います。


大きな病院で何回か通院をして回復のメドが立ったら、自宅から近い整形外科への通院に切り替えることもできるので、詳しいことは医師に相談してみましょう。



まとめ:



・病院選びで迷ったときは整形外科専門医に診てもらおう

・はじめから大きな病院には行かず、近場の整形外科を受診しよう

・大きな病院に行くときは、かかりつけ医で紹介状を書いてもらおう

・通院することを考えれば自宅から近い整形外科がおすすめ



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

リウマチと変形性膝関節症の見極め方を紹介します [膝痛]

リウマチも変形性膝関節症と
同じように膝が変形して痛みます。


リウマチになっている人は国内に70万人~80万人近くもいるので、
変形性膝関節症と自己判断する前にリウマチの
特徴について知っておくと良いかもしれません。


リウマチは朝方に手足がこわばる


リウマチの主な特徴は変形性膝関節症と
ちがって手や足がこわばります。


とくに神経が発達している指が動かしにくくなったり、
こわばったような感じになっている場合は
リウマチになっている可能性があります。


リウマチの初期段階では、朝方に
手と足がこわばって動かしにくくなります。


朝方に関節のこわばりがあっても
動かしていくうちに徐々にラクになっていくので
リウマチになっているとは気づかない人が多くいます。


ですが、だんだんと朝方のこわばりがひどくなってきて
手や足がこわばるだけでなくて腫れてきたときに
リウマチになっていることに気付きます。


リウマチは左右対称に痛む


変形性膝関節症などは左膝だけが痛くなったり
どちらか片方の膝が痛むのが特徴的ですが
リウマチは違います。


リウマチは左右対称に痛くなるので
左が痛くなれば右も痛くなっています。


変形性膝関節症でも稀に
両方の膝を痛めている人がいますが
かならず痛みだした時期が違います。


左右同時に痛みが出てきたときは
リウマチの症状を疑いましょう。


リウマチの色々な症状


リウマチはこわばるだけではありません。


手足がしびれて強く痛んだり、関節が
変形して動かなくなってしまったりします。


また全身に鉛が入っているような重だるくなったり
37度位の微熱が出続けるなどの症状が出ます。


このような症状が確認できる場合は
速やかに病院に行くようにしましょう。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

膝のなかが重だるいときに効果的なマッサージの仕方 [膝痛]

膝の痛みには色々な種類がありますが
そのなかで重だるく痛む膝痛ががあります。


ズキンズキンと痛む膝痛も辛いですが
ズシ~ンと重く痛む膝の痛みも
非常に辛い痛みです。


膝の関節の中が重くなって
膝がスムーズに動かない時は
膝のお皿の周りの靭帯や筋肉が
硬くなっている場合がほとんどです。


今日は、半月板損傷や靭帯損傷などの
重度の膝の問題をかかえていない人に最適な
マッサージの仕方をご紹介しようとおもいます。

スポンサードリンク


膝の動きがわるくなってしまうのは
膝のお皿の周りをおおっている筋肉が固まって
お皿の動きを悪くしていることが大きな原因です。


お皿は専門用語で膝蓋骨(パテラ)と呼ばれていて
お皿の動きが悪くなると膝の関節の挟みこむ力が強くなって
膝の関節のなかにある半月板などを痛める原因になります。


半月板を損傷してしまうと軟骨がすり減って
変形性膝関節症などで苦しむことにもなるので
今のうちにお皿の周りを柔らかくしておきましょう。


膝痛を解消するマッサージの仕方



膝痛を解消するには、お皿の周りの
固まった筋肉をほぐしてあげる必要があります。


とくに階段の昇り降りで膝が痛くなる人は
お皿の上下を親指のお腹を使って強めに
グイグイとマッサージするようにしましょう。


お皿のマッサージは基本的に
長座の状態で脚を伸ばして行います。


お皿の上下に両親指の腹をあてて
横にスライドさせながらグイグイと
強めにマッサージしましょう。


強い痛みを感じるのはよくないですが
膝の周りにジワジワと痛みを感じるくらいであれば
問題ありませんので、痛みが軽くなるまで続けてください。


このマッサージを毎日、時間のあるときに
10分間くらいを2週間くらい続けるようにします。


だいたい早い人で1週間くらいで
膝のなかが軽くなって動きやすくなるので
とにかく毎日マッサージをやるようにしてください。


お皿の上と下だけでなく
両サイドのほうもマッサージすると
さらに動きがよくなるので、余力があれば
膝の周りをすべてマッサージしてあげましょう。


また、お皿周りのマッサージと組み合わせて
モモの前とモモの裏のストレッチングを混ぜると
更に膝の関節の動きが良くなり痛みが取れやすくなります。


ぜひ、お風呂あがりや、寝る前、
朝起きたときなどに、試してみて下さいね。
スポンサードリンク


追記:
膝のだるさをグルコサミンなどのサプリメントで
スッキリ解消させる方法については、こちらの
記事をご参照下さい。
膝の軟骨がすりへってしまうことによって
膝にだるさが出てくる場合は軟骨の再生を
働きかけてくれるサプリメントが有効です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

膝の内側の痛みが起こる原因を徹底解明!内側の痛みはO脚が原因?! [膝痛]

膝の内側に痛みを感じる人が
年々増えてきているようです。

とくに筋肉の量が少ない女性の方は
男性に比べて膝が痛くなる傾向が
強いことが分かっています。

ということで、今回は膝の内側が痛くなる原因を解明し
膝の内側の痛みを解消する膝痛解消
エクササイズをご紹介します。

◆膝の内側が痛む理由を徹底解明◆


膝の内側が痛くなるのには
ちゃんとした原因があります。

実は膝が痛くなる理由は
大きく分けると2つあります。

生活習慣による痛み
遺伝的な原因による痛みです。



1.生活習慣による痛み

生活習慣による膝の痛みは姿勢や
歩き方などが原因になって
起きる膝の痛みです。

食事のバランスが崩れていたり
日頃から運動ができていなかったり
充分な睡眠が取れていなかったりする人は
膝を痛める原因を作っていることになります。



2.遺伝的に原因による痛み

遺伝的な原因による膝の痛みは
膝痛に関連する遺伝子がもともと弱くなっていて
ちょっとした出来事がきっかけで膝痛が起きる場合です。

日本人や中国人は遺伝的に膝痛になりやすく
ヨーロッパの人と比べると膝痛で
苦しんでいる人が多く居ます。


特に日本人はO脚になる人が多いですが
O脚も遺伝子に関連していることが
最近の研究で分かっています。

生活習慣が悪い人は
遺伝子も傷つきやすくなるので
両方の原因が複合的に合わさって
膝痛が起きていると言ってもいいでしょう。

膝の内側が痛くなる人は
1.筋肉の量が少ない
2.筋肉のバランスがわるい
3.膝の動かし方に問題がある
大きく分けると3つの原因があります。


◆膝の内側が痛くなる原因その1.筋肉量が少ない◆

膝の内側に痛みが出る人は内側広筋という
大腿四頭筋の内側にある筋肉が弱っています。

普段から、かかとが高いヒールなどを履いている人は
大腿直筋という太ももの真ん中の
筋肉だけが使われてしまいます。

そうなると筋肉のバランスが崩れやすく
膝の内側にストレスがかかります。

◆膝の内側の痛みを解消する効果的な運動◆

1.長座になって膝を伸ばします
2.痛いほうの膝の真後ろにバスタオルを敷きます
3.膝を伸ばしながらタオルを押しつぶします

バスタオルは何枚か重ねて分厚くすれば
内側広筋を更に鍛えることができます。

まずは薄めのタオルでタオルを押しつぶして
慣れてきたら徐々に厚みをつけていきましょう。

タオルだけでなく枕や柔らかめの
ボールでも代用が可能です。

膝の内側の部分に手を当てながら
膝を伸ばしてタオルを押しつぶすことで
内側広筋に意識的に働きかけることができます。


◆膝の内側が痛くなる原因その2.筋肉のバランスがわるい◆

膝の内側が痛くなる人は筋肉の
バランスがわるい人が多いです。

筋肉のバランスがわるくなると
膝の関節に歪みがでてきます。

膝の内側が痛くなる人は太ももの前側の
大腿四頭筋に比べて、太ももの後ろ側にある
ハムストリングという筋肉が少ない傾向があります。

ハムストリングが弱くなってしまうと
膝が反ってしまいます。

膝が必要以上に反り返ると膝から
下が外に捻じれてしまうので、
膝の内側に痛みがでてきます。

◆膝の内側の痛みを解消するモモ裏運動◆

1.仰向けになって寝転がります
2.両方の膝を直角に曲げます
3.お尻を引き上げます

両足は肩幅程度に広げて行いましょう。

膝の内側の裏側に痛みが感じられる場合は
モモの裏の内側にある半膜様筋や
半膜様筋を鍛えます。

半腱様筋や半膜様筋を鍛えたいときは
両足の幅を狭くしてお尻を
引き上げてください。

膝が内側に入ったり
外側に開いたりしないように
膝とつま先の方向を揃えましょう。


◆膝の内側が痛くなる原因その3.膝の動かし方がわるい◆

膝の内側に痛みが出る人は
膝が外側に開いていることが多いです。

膝が外側に開いてしまうと
O脚のような状態になります。

O脚気味になると膝の内側の
関節のスキマがなくなります。

膝の内側のスキマがなくなると
内側の軟骨がぶつかってしまい
膝の内側に痛みがでてきます。

◆O脚を解消する股関節ストレッチ◆

O脚になる人は股関節が硬くなっています。

股関節を柔らかくするためには
女の子座りのように股関節を
内旋させる動きが必要です。

1.長座になって手をつきます
2.痛いほうの脚を直角に曲げます
3.もう片方の脚で曲げた膝の外側を押さえます






スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

半月板損傷を完治させてサッカーに競技復帰するために必要な3つのこと [膝痛]

サッカー選手にとって半月板損傷は
本当に厄介な症状です。


中山雅史さんや中田浩二さんも
現役時代に半月板損傷で苦しんできました。


こないだYouTubeで中山雅史さんが
両膝の半月板損傷で膝に激痛が
走っていた頃のVTR映像をみました。


中山雅史さんは若い頃から
膝が内側に入る癖があったようです。


膝が内側に入ると内側の靭帯が伸ばされちゃって
反対の外側の軟骨がぶつかっちゃうんですよね。


そうすると走るたびに膝の外側に
圧力がかかって、強烈な痛みがでてきます。


トレーナー2人がかりで中山雅史選手の
両膝の内側にタオルをまきつけて両側に
引っ張りながら走るリハビリもしていたほどです。


このリハビリをすると膝がなかに入っていかないので、
タオルで引っ張っているあいだは全然痛くないんだそうです。


中山雅史さんの両膝の半月板は
全部手術でとってしまってないみたいです。


半月板は膝を安定させたりジャンプしたときに
衝撃を吸収してくれる役割をもっています。


中山雅史さんには半月板がないのに、その状況で
サッカーを45歳までやっていたんですから
本当に凄いことですよね。


今回は中山雅史さんが45歳までサッカーを
現役でやれた理由についてお話しようと思います。


この理由がわかれば半月板損傷を克服して
サッカーに競技復帰することも充分に可能です。


半月板損傷を完治させサッカーに競技復帰する方法


1.傷めた膝の状態を詳しく知る


半月板損傷を完治させてサッカーに
復帰するには自分の膝の状態を
詳しく知ることが大切です。


相手と接触して半月板を損傷したのか
それとも自分の膝の動かし方に問題があるのか
もしくはその両方なのか


膝に痛みが起きる原因を特定することが
半月板損傷を完治させる第一ステップになります。


レントゲン検査しか受けていない場合は
半月板の状態を詳しく確認できません。


スポーツ整形外科などの専門機関で
MRI検査を受けてお医者さんに自分の
半月板の状態を確認してもらうことも大切です。


中山雅史さんも自分の膝の状態を
詳しく理解していたので、適切な形で
リハビリができていました。



2.膝に痛みがでる動きを避ける


半月板損傷を完治させてサッカーを全力で
プレーできるようになるには、まずは
膝に痛みがでる動きを避けることが大切です。


膝に痛みがでているときは無理に動くと
余計に膝の痛みが悪化してサッカーが
できなくなる可能性があがります。


膝に痛みがでるような動きを避けて
安静にしておくのも半月板損傷を
完治させるうえで大切なことです。


膝に痛みがでるときというのは
膝周りの筋肉が硬くなっていたり
筋肉のバランスがわるくなっているときです。


膝に熱がでて腫れているときはすぐに
アイシングをして膝の炎症をやわらげて
ドクターにみてもらいましょう。


3.膝に痛みがでない範囲で膝を動かす


半月板損傷を完治させるうえで大切なことは
膝に痛みがでない範囲で膝を動かすことです。


膝の曲げ伸ばしで膝が痛くなるのであれば
まずは膝を伸ばした状態で力をいれる練習をします。


膝関節を伸ばしたまま太ももの前側の筋肉に
グッと力をいれるだけでも膝の関節は安定します。


関節を動かさないで筋肉に力をいれていく
運動をアイソメトリック運動といいます。


アイソメトリック運動を繰り返していくと
膝周りの筋肉が強くなって、痛みが
徐々になくなっていきます。


膝の痛みが改善してきたら膝の
曲げ伸ばしをして痛みがでないか
確認してみましょう。


膝に痛みが出ていなければ徐々に
スクワットなどの運動も取り入れていきます。






スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康